水曜どうでしょう 初めてのアフリカ 第2夜

大泉洋が本の告知をするために、
ケニアで髪の毛を切ることになった初めてのアフリカの2回目は、
ケニアのナイロビ市街からスタートをしていきます。

床屋で髪を切ることになりましたが、
いっそのこと皆で髪を切ろうということになり、ナイロビの床屋へ全員入っていきます。

仕事に影響するため、大泉は少しカットして欲しいとリクエストしていきます。

結果的に全員カットをすることになりましたが、
藤村ディレクターの髪型に一行は笑いが止まらなくなります。

カットをする度に毛の流れがまっすぐになっていき、カツラのような状態に仕上がっていきます。

そしてスタッフの一人である牧も同じような仕上がりになっていきました。
大泉は髪がべったりとついていった形になり、鈴井貴之はシンプルな短髪となりました。

髪の毛を切ったということで、自身の本について宣伝をしていくことになったのでした。

こうして一行はナイロビから、
いよいよ野生動物が多く生息している地域に向かうことになります。

準備を終えた後でジラフセンターというシマウマなどを見ることができる施設に入っていき、
遠くから雨の中に佇むキリンやシマウマを見ていきます。

そして雨がやんでキリンなどが大泉たちのところへやって来ます。
大泉の本を宣伝していきながら、キリンたちと戯れていきます。

その日の夜は再びお酒を飲みながら楽しく過ごし、いよいよナイロビから出発します。
地図を見ていきながら、どのような展開になるか期待と不安を抱えながら、作務衣を着て雪駄を履いて移動をします。

One Response to “水曜どうでしょう 初めてのアフリカ 第2夜”

  1. たか より:

    ネットでは不評の嵐だったけど
    この回だけ神回だったwww

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ