水曜どうでしょう 初めてのアフリカ 第5夜

様々な野生動物をンゴロンゴロ保全地域で見ることになった初めてのアフリカの5回目は、
バッファローやシマウマを見つけて興奮する大泉洋や鈴井貴之を見ていくことができます。

さらに先に進んでいくと、大きな象を見つけることができました。
一行はさらに興奮していきながら、象に近づいていきます。

遠くから象を眺めていると、藤村ディレクターはあっさり見つかったことについて話していきます。
草原に佇む象一頭を見ているだけでも感動してしまう一行でしたが、
さらに周りを見渡すと数多くの象やシマウマなどを見つけることができました。

その先は地平線のようになっていますが、そこでも様々な野生動物を見つけることができたのです。
最初大泉は野生動物に興味が無いと言っていましたが、率先して動物を見つけていくようになっていきます。

そしてヌーを見つけた時、久しぶりに大泉は柳生さんのモノマネを始めていきます。
静かに話していきますが、都度都度見つける野生動物に藤村ディレクターは大興奮してしまいます。

その後さらに進んでいくとサイやハイエナを見つけることができました。
ハイエナは一見すると石に見えたという大泉でしたが、
起き上がったところを見た瞬間興奮して双眼鏡を見ていきます。

ここから恒例の大泉と藤村ディレクターの冗談交じりの押し問答が始まっていくのでした。
ヌーが走り抜けていくところも見ることもでき、終始ンゴロンゴロ保全地域で楽しむことができた一行でした。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ