水曜どうでしょう 中米・コスタリカで幻の鳥を激写する! 第1夜

更新日:

 
 
 
   

 

番組再開してから初の海外企画の放送ということになりました。

これまでにオーストラリアやヨーロッパ、
そしてアメリカと様々なところに行きましたが、今回は中米方面となっています。

いつものように海外企画では行き先を告げられていない大泉洋は微笑みながらオープニングに参加しています。
実は長期ロケということで、大泉のスケジュールは10日間も空けられていたのです。

ただ、いつものように聞かされていないため大泉はある程度の荷物を用意して現場にやって来ています。

その後に鈴井貴之やディレクター陣の荷物を大泉はチェックしていきますが、
未だに行き先がわからない状態となっていました。

世界地図を見ながら予想を立てていきますが、
ロシアのシベリア方面や中米、そしてアフリカ方面に行くのではないかと不安になっていきます。

行き先について不安を感じる地域もありましたが、
目的として鈴井貴之は野生動物を撮影したいということを伝えられます。

大泉は一番行きたくないと言っていたアフリカではないかと予想を立てていきます。

しかし鈴井やディレクターから告げられた行き先は異なっていました。
それは中米のコスタリカで、幻の鳥を撮影するという目的で向かうということになります。

鳥などが生息している環境に適しているということで、
様々な生物に出会うことができますがケツァールという世界一美しい鳥を撮影するということになります。

こうしてアメリカを経由してコスタリカに向かって行くことになりました。

-中米・コスタリカで幻の鳥
-, , , , ,

Copyright© 水曜どうでしょう動画 , 2019 AllRights Reserved.