水曜どうでしょう 激闘!西表島 第7夜

いよいよ夜釣りを行い、この戦いの勝者を決定していくことになる
「激闘!西表島」の7回目は西表島でも夜釣りを楽しめるポイントへと移動するところからスタートしていくことになります。

西表島の夜は真っ暗の状態となっていますが、大泉洋は疲労困憊の状態となっていました。
眠たいと訴えていきますがチャンピオンになりたいともうひと頑張りすることになりました。

ロビンソンお手製の餌を利用して、港で夜釣りを開始していきます。
スタートするやいなや、いきなり大泉の竿にヒットしていきますが、途中でバラしてしまいます。

その後は鈴井貴之の竿に大きなゴマフエダイがかかり、一気にポイントを30増やしていきます。
するとロビンソンが訪れますが、釣りに関して指導をいきなり始めていきます。

指示を受けながら釣りを進めていく一行ですが、
ここでロビンソンはディレクターにもライトを極力消すように指示していきます。

その後のテレビの映像は真っ暗な状態が続いていきます。
ライトを消していった結果であり、暗闇の中から声や音を聞きながら状況を確認していくことになります。

遠くの街頭と安田顕と鈴井貴之のライトを利用していきます。
その後大泉などの釣り竿にヒットしていく時にライトをオンしていくという流れを作りつつ、夜釣りが進んでいきます。

暗闇の中で再度夜釣りを続けていきますが、なかなか魚がヒットすることがありません。
放送時間の中で数分間、暗闇の中から声が聞こえてくるという事態に陥っていきます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ